ナスダック チャート推移 今後の暴落について(2022/7/1更新)

【日経平均株価(まとめ)】

ナスダックの今後の暴落について想定しておく(2022/6/10時点)。

⇩あわせて読みたい⇩

ナスダックの参考チャート

■ITバブル(2003年)後の動き。

 

■リーマンショック(2009年)後の動き。

 

■コロナパンデミック(2020年)後の動き。

今後の展開について

まずは直近安値を切り下げるかどうかを見るが、さらに落とす場合は視点を変える必要があるかもしれない。
現時点では10年に一度の大暴落相場として位置付けているが、コロナショックでNASDAQだけは長期のサポートラインを割らなかったので、今を大暴落と仮定するとITバブルの相場と類似している。

 

■ITバブル(2003年)前の動き。

但しその場合はNASDAQだけが下落を続けることは無い為、NYダウや日経の動きも再度想定を見直していく必要がある。
とりあえず、NASDAQのチャートは特に危うい状況は変わらない。

 

⇩7/1追記

直近安値を割ってきたので、さらに下へ掘る可能性も視野へ入れておく。その際はITバブル前の動きをイメージしておく。一旦は12400前後までは反発すると思っておく。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました