BEENOS 株価情報

【個別株チャート】

最新更新日:2020/7/16

⇩あわせて読みたい⇩

会社情報

【決算】9月
【設立】1999.11
【上場】2004.7
【特色】主力は越境EC事業。ブランド品の宅配買い取りや国内外でのベンチャー投資・育成事業も展開
【連結事業】クロスボーダー20(15)、バリューサイクル52(0)、リテール・ライセンス20(2)、インキュベーション8(62)
【海外】25 <19・9>
【増益幅縮小】上期に投資事業で株売却益27億円計上(前期は同20億円)。柱の越境ECはメルカリとの連携効果が発現し伸長。ただ新型コロナでイベント減り、アイドルグッズ販売が大幅減。増益幅縮小。21年9月期は越境EC堅調も株売却益が縮小。
【越境EC】新型コロナの巣ごもり消費が追い風。国際物流一時停止あるが、台湾向けに独自空運導入など新規物流手段で代替。
【業種】 他消費財小売り 時価総額順位 51/120社
【仕入先】―
【販売先】―


財務状況

増収増益の予想。
下方修正、税前利益¥30億→¥27.4億。

↓ 20年6月更新。

下方修正より対前同で売上高は減収だが、税前利益と税後利益は増益。


進捗状況。

会社予想は無し。1Qで既に70%超の達成。対前同でも大幅な増益。

2Qで既に110%超えの達成率。下方修正や会社予想の数字を考慮すると、下期は相当落ち込む予定。

↓ 20年6月更新。

通期の会社予想からすると3Qはマイナス着地ということになる。前年同期と比べて内容は良いが、下期のマイナスとコンセンサスとの解離が気になる。


信用残高。

直近は買残も売残が増えている。貸借倍率は1ヶ月前から落ちて5倍代。

機関による空売りの大口保有は、モルガンとノムラが入ってきた。但しノムラはすぐに解消して、ゴールドマンやドイツも減らしている。


ニュース。


まとめ。

  • 下方修正でも増益。
  • 下期は通期予想からするとマイナス着地。

コメント

タイトルとURLをコピーしました